nHQLyClq9Xd8tFraYIH8P13S85qj/EDSheqPaGOE

バスク風チーズケーキ奮闘記 サンセバスチャンの名店La viñaの味を追い求めて【part2】

Foods
スポンサーリンク

 

こんにちは!(^^)!

気がついたら、「バスクチーズ風チーズケーキをどれだけ本場に近づけられるか?」とムキになって自分に課しているmihaです。

バスク風チーズケーキ奮闘記 サンセバスチャンの名店La viñaの味を追い求めて【part1】

前回、気になる方はこちらからどうぞ!

 

材料を変えたり、分量を変えたり、焼き時間などテストを重ね

徐々に理想のバスク風チーズケーキに近づいてきました。

ところで

バスク風チーズケーキって、そもそもどんなチーズケーキだ?

はい。では、おさらいしましょう。

「バスク風チーズケーキ」とはスペインとフランスとの国境をまたがるバスク地方発祥のチーズケーキ。現地の言葉では「tarta de queso」と呼んでいます。

サンセバスチャンの位置はこのあたりです。このサンセバスチャンはピンチョスのバルが100軒ぐらい集まるピンチョスの街で有名なところです。

ピンチョス巡りをした記事はこちらから

そのバル街の中にあるチーズケーキで有名な店「La viña」ラ・ヴィーニャ

以前、石原さとみさんがサンセバスチャンのピンチョス街で食べ歩きをする番組で、紹介されていたお店でもあります。赤ワインにチーズケーキが良く合うということで、私もサンセバスチャンに行った時には是非食べてみたかったのですが、あいにく改装中とのことでお休みでした。残念(/ω\)

食べたことがないので、基準がわからないのでした。

 

スポンサーリンク

ラヴィーニャのチーズケーキに近づきたい!

 

3回目の焼きストーリーから始まりまーす💛

 

もはや修行です!

改良を重ねる

 

1回目、2回目と大きく変わったところ。

それはそれは

 

でーーんっ  クリームチーズ!

こちらのクリームチーズ。リュクスのクリームチーズに変えました!  このクリームチーズはきちんと酸味もあるので La vinaのレシピの通りににレモンもヨーグルトも加えません!

 

 不要

 

 

3回目のレシピと焼き時間

こちらのレシピを参考に分量を1/5に縮小して作りました。

この焼き目がまだらなのが、いい感じですね。La vinanのチーズケーキも写真などではこのような雰囲気です。

「ラス タパス」さんのチーズケーキです。まるでラヴィーニャ!

 

 

しかし、なんかいろんなレシピを見ていると「真っ黒」に焼くことがスタンダードっぽくなっている中、「ラス タパス」さんのチーズケーキも思いのほか真っ黒ではありませんでした。

ほら。わりこんなマイルド

実は、この情報を発見した時点で、3回目のチーズケーキを焼いてしまった後だったんです  (゚Д゚;) そ・そんな!?

 

使用した材料(13㎝の焼き型を使用
クリームチーズ(リュクス)200g
お砂糖          80g
卵            1個半
生クリーム(タカナシ)  100cc
小麦粉          小1

材料は載ってたけど、焼き時間は不明でしたので手探りでこんな感じ。

焼き時間
230℃ 20分
250℃ 10分

 

 

残念っ!となったいうことを前置きをしたうえで。

 

3回目の仕上がりがこちら!

ちょっと焼きすぎ感なチーズケーキ。やっぱり250℃は強すぎるかも。

中心部がホンモノは若干とろ~んとした感じに仕上がってる。

 

でも、中はしっとりはしていた。肝心な味もヨーグルトもレモンも一切入れずに酸味があっておいしい。

それにしても黒すぎる 

しかし、クリームチーズを変えたので、かなり味はgood!クリーミーでありながらどっしりした味わいです。舌触り的には絹のようになめらかではなく、それなりの存在感ありです。

この、真っ黒すぎるのが納得いかず4回目を計画しました。

くじけずに4回目

さて、とうとう4回目に突入してしまいました。

課題は焼き目の調整と生クリームの変更

 

ということで

じゃーん!

今回は生クリームをこちらに変更しました!

 

飲食店などではメジャーなメーカー「中沢乳業」さんの生クリームを使用することにしました。

脂肪分は36%のものを使用。40%台のものもありますが今回36%を使用します。

 

 

ラヴィーニャのお店の人が紹介するチーズケーキの作り方の動画を発見しました!

言葉がわかりませんが、なんとなく「こんな感じなのね」と思う動画です。

La receta de la tarta de queso del restaurante La Viña, al descubierto
Vídeo: La receta de la tarta de queso del restaurante La Viña, al descubierto. Santiago Rivera, nos explica paso a paso la receta de su tarta de queso. ...

 

 

 

使用した材料(13㎝の焼き型を使用
クリームチーズ(リュクス)200g
お砂糖          80g
卵            1個(前回1.4個)
生クリーム(中沢乳業)  100cc
小麦粉          小1

焼き時間はこの色目からそれほど高温で焼かないほうが良いかと考え以下に変更してみました。

それにしても、焼き目が均一ではなく、どうしてムラのある焼き方になるんだろう。不思議

最初に一気に高温で焼いて、ぼこぼこ沸騰するかのように焼いて、後から低温で焼き上げるのか?まあ家庭用のオーブンと業務用のオーブンの焼き具合に違いが出ることは仕方ないことだと思いながら・・・(+o+)

焼き時間
210℃ 30分

4回目の焼き色はまずまず

焼き目も、これぐらいの感じですと、プリンのカラメルっぽいニュアンスを感じることができます。生地そのものはクリームを変えたことにより、断然味が違います! しつこくなく素材そのものの味って感じ。この差はすっごく大きい!

 

あと一歩だーー! ?え ?? 

まだ焼くんですか?

この続きは 第5回目のチーズケーキ【完全版】気になるかたはこちらからどうぞ!

 

 

Foods
スポンサーリンク
\SHARE/
タビビト修行 mihablog