nHQLyClq9Xd8tFraYIH8P13S85qj/EDSheqPaGOE

【フランスのレシピを参考に作る】ニース風サラダ「サラダニソワーズ」

Foods
スポンサーリンク

「ニース風サラダ」を作ってみたいけど、材料ってなにをつかうんだろう。

できるだけ本場フランスのレシピに忠実に再現してみました。

大至急材料を知りたい方は、ずずずい~っと 下へスクロールして
「2ニース風サラダの具材」
より読み進めて頂けたら幸いです。

さて、ニース風サラダに限ったことではありませんが、日本で食べる海外発祥の食べ物はだいたいアレンジしている場合が多いです。

本場ニースで地中海を眺めながらサラダを食べましたが、注文したのはシーフードサラダ。

帰ってきてから、いざニース風サラダを作ろうと思ったら、あれ?どんな材料を使うんだっけ?となりさっそく調べてみることに。

ということで、ニースで食べそびれたので、リベンジ企画

フランスのレシピでニース風サラダをつくってみた!

「ニース風サラダ」誰でも1度は耳にしたことがあるほど有名なサラダです。

スポンサーリンク

フランスのレシピ

外国から入ってきたメニューは日本風にアレンジされてることが多いですよね。お店によって使ってる食材が違うことも多く、いったい何が王道なのかさえわからなくなります。

そこで!本場のニース風サラダ一体何が具材として認められているのかフランスのサイトで調べてみることにしました。

よくある話ですが、海外で「日本料理」のメニュー、なんか違くない?!ということも少なくありません。俗にいう、国民性に合わせたアレンジ。

しかし今回は本場フランス人にも「ニース風サラダ」として認識してもらえるような基準、フランスのフランス人に食べられている「ニース風サラダ」を目指します。

そもそも「ニース風サラダ」とは?

フランスでは、ニース風サラダという名前ではありませんでした。

正式には salade Niçoise(サラダニソワーズ)

諸説あるようですが、フランスのウィキペディアによりますと

サラダニソワーズ(salade Niçoise「元々の材料は、アンチョビトマトオリーブオイルのみで構成されていた」と書いてあります。

本当にシンプルにニースの土地で採れるものだけだったようです。

ニース風サラダの具材

ニース風サラダは日本名ということで本場フランスでは、「サラダニソワーズ」という名前で親しまれていることが判りました。

フランスの料理サイトでも調べてみました!

フランスのサイトでも日本と同じように、たくさんの人がレシピを公開していました。パッと見た感じは似たり寄ったり、材料もほとんどがカブっていますが、若干オリジナリティを出すのか、やはりバラつきがあります。
そのようなレシピサイトできゅうりを使ってる人に対してコメント欄に
「ニースサラダにキュウリは使わないよ!的な書き込みがあったりして面白いです。

 


自分のレシピに抗議されたらビビるよ….。

 

 

 

そこでウィキペディアにあるように元々の具材3種類は入れるとして、上位5つぐらいのレシピを参考に材料を確認して、共通している材料と、共通していない材料をピックアップしてみました。

【共通している材料】
トマト
エキストラバージンオイル
にんにく
アンチョビ
バジル
マグロ缶詰(ツナ)
たまご

こしょう

ということで、上記の【共通している材料】を集めました。近所のスーパーで簡単に揃う食材です。

材料の欄にほぼ 記載されてないのですが、写真で見る限りベビーリーフとかレタスっぽいものを使用しています。なので、一応ベビーリーフを用意しました。

ではでは こちらの材料を使って盛り付けてみま~す!

調味料系は、左からこしょう、塩、粒マスタード、バルサミコ酢、エキストラバージンオイル。オイルは南仏産のBIOのオイルです。これだけは贅沢^^

そして、上記の材料を盛り付けてみた結果がこちらでございます。

↓↓↓ できました~!

サラダニソワーズ

自家製サラダニソワーズ

なんかこざっぱりしてますね。レシピに忠実に作りました。

そして以下は入れていない食材です。

共通してない材料】
ピーマン
玉ねぎ
大根
ラディッシュ
きゅうり
じゃがいも
アーティチョーク
そら豆

アーティチョークも完全少数派でした。日本ではほとんど見かけない野菜なのでこれも除外。

実際、フランス人のお宅の食事はシンプルで素朴なことが多いと聞きました。日本の一般的な家庭の夕飯は毎回豪華なイメージがありますが、調理というよりは、煮込んだり、焼くだけなど凝ったものは滅多に作らないそう。私たち日本人が思うフランス料理はレストランで特別な日に食べるものらしいです。

 

ちなみに写真右側の野菜はカブです。皮は紫ですが、中身は真っ白。

アーティチョーク

ラディッシュもおそらく見栄えがきれいになるので飾りとして使用するパターンのよう。

「じゃがいも」ほとんどのレシピに記載がありませんでした。もともとは生の野菜のみを使用するとのことですので茹でたじゃがいもも除外します。

ドレッシングについて

サラダの要といっても過言ではないドレッシング

「どんな調味料を使うか?」です。

ドレッシングも微妙にみなさんアレンジ加えているようで、りんごのビネガーを使用していたり、赤ワインビネガーを使用するとか、粒マスタードだったりします。これに関してはウィキペディアでは発見しきれず・・・・(+o+)

みんなのレシピにも「ドレッシング」を表記してるサイトは意外と少ないです。

やっぱり、塩、ビネガー、エキストラバージンオリーブオイルが王道といった感じなのでしょうか。

南仏はオリーブの産地として有名ですので、新鮮なオリーブオイルがあればそれ以上贅沢なドレッシングはないといったところ。

 

こんなドレッシングの紹介もありました。

「オイル、みじん切りにしたバジルでソースを作り、塩とコショウで味付けする。サラダボウルに注ぎ、すぐにお楽しみください」

と、こんなバリエーションも?!バジルはドレッシングにするのね!?ふむふむ。

ところで、にんにくはどうやって使うの?

 

ある人はボウルの周りににんにくをこすりつけて香りを移し、そこへオリーブオイルと塩を入れ、そのボウルに野菜を入れて混ぜる。

というのもありまして。しかし、ドレッシングにも入ってないし、生のままサラダの具にすることもなさそう。

結局、にんにくの使い方はイマイチわからないのでした。

 

サラダは、フランスで外食時に注文しましたが、日本のような調合されたドレッシングではなく塩、オリーブオイル、バルサミコ酢 の3つのみでした。

この3つを テーブルの上にドカンと置かれ、自分の好みでサラダにかけるだけ。実にシンプルでした。モノ足りない気もしますが、上質なオリーブオイルは美味しいし、健康的にも良いです。

今回、私も同じくこの3種で食してみました。

こちらのサイトでは、ドレッシングの分量まで書いてありましたのでご参考まで。


ビジュアル的には、今回わたしが作ったサラダとは違いがありますがご了承ください。

https://www.lesoeufs.ca/recettes/salade-nicoise

出典 https://www.lesoeufs.ca/recettes/salade-nicoise

こちらのサイトでビグレットドレッシングの分量が書かれていましたのでご紹介します。

ビグレットドレッシングの材料と分量
エキストラバージンオイル 30ml
レモン汁 15ml
ディジョンマスタード(粒)5ml
こしょう

こちらの材料を入れて、空気を含ませるように泡だて器で混ぜて乳化させます。どろ~んと濁ってきたら出来上がり!

フランスの野菜と日本の野菜

フランスのトマト フランスのみかん

サラダは材料を揃えて、盛り付けるだけのシンプル料理とはいっても、シンプルなだけに、素材そのもので勝負するといった感じでもありますね。

ベビーリーフ

袋詰めされた日本のスーパーのベビーリーフ(写真上)は重さを確認し忘れましたが少なめです。

一方、フランスのベビーリーフ125gで0.99ユーロ フランス人の感覚からすると、99円といったところでしょうか。

フランスベビーリーフ

 

結論と反省

やはりニースの野菜だからこそ あの「ニース風サラダ」が完成するのであり、あのさわやかな空気とともに食べる野菜だからこそ価値があるんだろうな~ としみじみ感じたのでした。

でも この組み合わせはやはり美味しい!

それと、ゆで卵は 固ゆでが主流ということ。ここをミスりました。若干だけど半熟になってしまい、フランスのサラダニソワーズが少し遠のいてしまったことが少し反省点です。

ぜひ、みなさんもニース風サラダ作ってみてくださいね。

では、最後までお付き合いくださりありがとうございました。

Bon appétit~ (^^)/

ニース風サラダ サラダニソワーズ

 

Foods
スポンサーリンク
\SHARE/
タビビト修行 mihablog